NaeNote はてな支部

コンサルNAEは静かに暮らしたかった

大学デビュー失敗を克服した男が語る、最短で平均以上になる方法

このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 読み込み中・・・

大学デビューを果たしてカップルになった2人

こんにちは、大学デビュー失敗組のNAEです。

ぼくはもともと地味でした。

中卒まで海外の日本人学校、高校は日本の男子校という少し閉鎖的な環境があいまって、大学入学までのぼくはまさに「そこらへんのダサいやつ」だったんです。

でも受験終了と大学入学を機に心機一転。大学デビューを決めてイケてるメンズの仲間入りをしてやるぞ!

と息巻いていたのですが、ものの見事に失敗しました。まわりの人を見ていると、まあ自分の見た目のイケてないこと・・・

それまで見た目にこだわってなかったタイプの人間です。少しがんばってみたところでファションレベルはミジンコと変わらなかったのです。

そんな大学デビュー失敗のあと、夏以降に遅れを取り戻したぼくが、今だから言える大学デビューの失敗を避けて平均点以上になる方法について語ります。

ぼくが大学デビューで失敗するまで

本題に行く前に、ぼくが大学デビューに失敗してしまった理由と恥ずかしい経験談をお話してみたいと思います。

中学卒業まで海外で過ごしていた

ぼくはもともと海外で暮らしていました。といっても派手さはなく、都会から離れた片田舎で中学校卒業まで過ごしました。

通っていたのは、たまたま近くにあった人数の少ない日本人学校。 1クラス10人いれば多い方。離れ小島の小さな学校を思い浮かべてもらえるといいと思います。

良くも悪くも閉鎖的。インターネットの普及していなかった当時、しかも海外生活。見た目やファッションの情報源は、数少ないクラスメイトや先生、そして両親くらいのものでした。

そんな環境の中、ファッションセンスが磨かれる素地が全くないまま、良くも悪くも服装にこだわりがなく、人の目を気にしない生活を送ってきました。

平たくいえば、母の選ぶ服を、何の疑問もなく、そのまま着ていました。中学校卒業まで。

良くも悪くも、見た目にこだわらない素地ができあがっていったのです。ファッションのアンテナは感度ゼロ。

高校入学を期に帰国して男子校へ。そして・・・

高校入学のため日本に帰国したのですが、本来であればそこで何か気づくべきだったんです。

しかしぼくが入学したのは、中高一貫の男子校。小学生時代からファッションセンスが変わらない集団に囲まれ、ぼくはファッションにこだわりのないまま高校時代を過ごしてきました。


唯一変わったのは、お小遣いをもらって自分で服を買うようになったこと。

しかし、小学生レベルのファッションセンスです。目につくのは英語がドカドカ書いてあるロンTや、ジッパーで長さが3段階に変えられる変則ダポダポパンツくらい。

当時のぼくの服装、今思うと本当にヤバかったですよ。よくあれで家から高校まで私服登校してたなと思うくらいですもん。

大学デビューで失敗、「華の4ヶ月」を失った

そんな環境下、ファッションセンスを全く磨かないまま、ぼくは受験シーズンの終了を迎えます。ファッションセンスは小学生に毛の生えたレベル。髪型はざく切りの天パー。

でも「大学デビュー」といい響きの言葉だけを聞いて、ちょっとガンバってみようかなと思ってみました。


そう、ゼロに等しいファッションセンスで

それがすべての原因だったんです。

服装も髪型も、正直浮いていた

近所の安売りの服屋で「コレ売れてます!」とポップのついていた大きめサイズのTシャツ。

ジーンズメイトのセールコーナーに置いてあった、売れ残りの真っ赤なロンT。

短パンにもなるんだこれすげー!と思って買った、ジッパーで裾が着脱できるシャカシャカパンツ。

・・・

ぼくのワードローブはマジでこんなものばかり入っていました。信じられます?これ大学デビュー用に買った洋服だったんですよ。

こんなものを着て洋々と大学キャンパスを歩くんです。しかも髪型はざく切りお母さんカットときたもんだ。

もっさりした「大きな小学生」は相手にされなかった

大学デビューに向け、無いファッションセンスで一生懸命綿密な準備をしてきたつもりのぼく。まわりから見ると、ぼくは完全に「大きな小学生」だったのです。

理系の学部(コンピュータ系)だったため、同じクラスに似たようなメンツが何人もおり、そいつらとは無事につるめました。便所飯はなんとか回避。


しかし、サークルや文系の学部の近くにいる華々しくてキラキラしている人たちからは

「なんだあいつオタヤローかよ」

的な目で見られ、自分から積極的に話しに行くも、相手にされない日々が続いたのでした。。

彼女なんてできる間もなく夏休みへ突入・・・

「大学に入ったら彼女とかできるかな」なんて淡い期待は、粉々に打ち砕かれました。

キャッキャウフフとキャンパスライフを楽しむ回りの人間を羨ましがりながら

「自分はファッションなんて気にしない、質実剛健な人間なんだ」

と自分に言い聞かせ、1人悶々と過ごしながらまごつく日々。

そして気がついたら、前期の終わりが近づいてきていました。

大学入学からの4ヶ月という、短くも最も充実しているべき華の時間を、ぼくは無駄に過ごしてしまったのです。


夏休みの終わりごろ、その事実をようやく受け入れられたぼくは、

「今からでもいい。もう一度、大学デビューしよう」

「自分の変なプライドは捨てる。人の手を借りてでもいい」

と心に決め、恥を捨て、友人に頼み込み、夏休みにファッションセンス磨きに明け暮れたのでした。

今だから言える、こうすればよかった

戦闘力たったの5のゴミ

受験生だった当時、華々しい大学デビューを夢見たぼくは、戦闘力たったの5のゴミでした。

スーパーサイヤ人同士の戦いに、クワを持った農家のおっさんが突っ込んで、戦えるはずがないのです。

結果、華の4ヶ月を無駄にしたぼくだから、そしてその失敗を乗り越えたぼくだから言える、「こうすればよかった」を語りたいと思います。

大学デビューは、今までの自分を変えること

そもそも大学デビューとは、自分を変える行いであることを知るべきでした。

今の自分の延長線上に、大学デビューでガラッと変わった自分がいるなんてものは幻想です。

新しいものを得るには、今持っているものを捨てなければならないし、それなりの苦労をする必要がある。

今の自分の考え方ややり方に固執している限り、自分を変えることなんてでないんです。

自分と変える2つのアプローチ

自分を変えるアプローチは常に2つしかありません。中身を変えるか、見た目を変えるかです。

中身は見た目ににじみ出るといいます。本来であれば考え方を変え、性格を変え、華々しい姿をした自分になる方が望ましい。


しかし、中身を変えるのには相当時間がかかります。

もちろんマネや演じることから始め、表面的にはなりたい自分(仮)にはなれますよ。

しかし本当の自分がそうなるまでにはとても長い時間がかかります。だってこれまでの自分を否定し、こびりついた考え方を引っぺがすんですから。

まずは手早く、見た目を変えろ!

手早く自分を変えたければ、まずは見た目を変えることです。

見た目は思っている以上に自分を変えます。気分や気持ちだけでなく、自己認識のレベルで変わることができる。

「自分はこんな人になりたい」と思ったなら、そのきっかけとして見た目だけでもその姿になってみること。

中身を変えるための第一歩としても、見た目を変えることは非常に有効です。

そしてなにより、大学デビューするなら見た目を変えるのが一番手っ取り早いんですよね。経験上。

大学デビューで失敗しない!平均以上の見た目を手に入れる方法

ではどういうふうに見た目を変えればいいのか?

ファッションセンスゼロの人間がいきなり人目を引くファッションリーダーになるのは無理です。

偏差値だってそうでしょう。55くらいに上げるのはあまり苦労しないですが、55から60、65、70にしようとすると一気に難しくなる。

まずはササッと平均点以上になることを最優先すること

これが、最もコスパよく大学デビューを果たすためには大事なんです。


では、そのためには何が必要か?

大学デビュー失敗で苦い思いをしたぼくが、夏休みの最後の1ヶ月で遅れをガッと取り戻したポイントを紹介しようと思います。

1つは姿勢、もう2つは髪型とファッションです。

胸を張れ!まずはそのヘコヘコした姿勢を正せ

自信がないように見られる人間は、人からナメられます

服装やファッションに行く前に、まずは姿勢を正して胸を張りましょう。それだけで自分に自信があるように見えます。

そしてなにより自分でも「自分は堂々としている」と思えてくるもの。これが実は一番大事。

ヘコヘコした姿勢で自信なさげにヒョコヒョコ動いていると、どんなに髪型やファッションがイケていてもナメられますよ。


もし胸を張るのが難しければ、せめて声くらいは張りましょう。声が大きいと自信があるように見えるものです。

髪色は暗めの茶色、ヘアスタイルは美容師お任せでOK

髪色が変わるだけで驚くほど雰囲気は変わります

日本人の黒髪は美しいんじゃ!と思うかもしれません。でもね、黒ってとても重たい色なんですよ。髪型を相当工夫しないと明るさや軽さを醸し出せません。

向井理あたりが黒髪でも爽やかなのは、ちゃんと髪型がセットされているおかげなんです。

髪のセットすらままならないファッションセンスゼロの人間が黒髪となると、重たくて暗い雰囲気にしかなりません。


まずは、暗めの茶色でも構わないので、髪色を変えること。

その際、薬局で髪染めを買うのではなく、美容院に行ってプロの意見を聞きましょう 。髪色とヘアスタイル、あなたにあうものをセットで提案してくれます。

たとえばHAIR&MAKE EARTHみたいな全国チェーンで安めのヘアサロンでも必要十分です。

ネット予約もできます HAIR&MAKE EARTH@ホットペッパービューティー

服装だけは絶対にプロの手を借りること

服装だって同じです。というより、服装はファッションにおいて最重要にして最難関。ファッションセンスなんて一朝一夕じゃ身につきません。

自分の好きなファッションがわからない人間がいくらうんうん考えても、正直時間の無駄です。

ゼロから自分で考えるより、ファッションセンスのいい人に教えてもらう方がはるかに効率的ですよ。

ここは素直に、ショップスタッフの人を捕まえてアドバイスを求めたり、ファッションに通じた友人の助けを得ましょう。


それが恥ずかしくて難しいなら、ファッションレンタルを利用しましょう。プロのスタイリストがあなたのためのコーディネートを毎月届けてくれるサービスです。

自分一人でエイヤで服を買ってみたとして、カッコよく見えるコーディネートがわからないのなら買うだけ損です。

使えない服を買うより、プロが選んだコーディネートをいろいろ着回す方がはるかにファッションセンスも磨かれますし、届いた服を着るだけでそれなりの格好になりますので、トータルで損しないと思いませんか?

それでファッションが少しずつわかってきたら、自分で服を買うようにすればいいんですから。

スタイリストのコーデが毎月届く メンズ専用ファッションレンタルleeap

人の手を借りてでも、見た目から自分を変えろ

自分の見た目を人に委ねるのは最初は勇気がいるものです。

でも、自分を変えるには少なからず自分を客観視したうえで、今の自分を捨てる覚悟が必要です。

大学デビューはまさにいい機会。自分に固執することなく「第三者の視点でフラットに考えると何が最善か」を考えてみませんか。

まとめ:大学デビューで失敗しないためには人の手を借りること

以上、大学デビューで失敗したぼくが語る、大学デビューで平均点以上になる方法というお話でした。

ファッションや髪型に限らず、何事も人を真似ること、教えられることが上達の第一歩です。

恥ずかしがらず、人の手を借りて、コスパよく短時間で大学デビューしてください。

絶対に、自分に固執して華の4ヶ月を失ったぼくと同じ苦い失敗をしないでください。


最後に、「見た目だけそれなりにしても話が続かくて・・・」と悩む人は、こちらの本を見てみてください。

大学生に必要な「ダベる」のテクニック本です。ぼくもこういうのを読んで自然にダベれるようになりました。

広告を非表示にする