NaeNote はてな支部

コンサルNAEは静かに暮らしたかった

スマホをだらだら見る時間を休息に回したらメリットしかなかった

このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 読み込み中・・・

だらだらスマホを眺めている女性

こんにちは、スマホヘビーユーザーのNAEです。

何かと便利で暇つぶしにも最適なスマホ。時間ができるとつい手にとって見てしまう人も多いのではないでしょうか。

ぼくもその1人なんですが、なんか最近気分が重いので、ひとつ実験をしてみました。

あてもなくだらだらスマホを見る時間を削って、休息に回してみたら?

結果、メリットしかありませんでした。

そこで今回は

  • だらだらスマホが息抜きにならない理由
  • スマホ時間を休息に回して得られたメリット
  • スマホを見る時間を削る方法
  • できたスキマ時間で休息をとる方法

についてお話したいと思います。

スマホってついだらだら見ちゃいますよね

スマホ、一度開くとついだらだら長時間見ちゃいますよね。

しかしなぜスマホはそこまで時間を食っていくのでしょうか。

ニュースやSNS、ゲーム、メール、なんでもこなせる存在である以上の理由があるとぼくは思っています。

スマホは屋根裏部屋の天窓である

ぼくはスマホは世界を切り取る天窓のような存在だと思っています。

子供のとき、屋根裏部屋に憧れませんでしたか?ベッドに寝て天窓を見上げる風景を夢見ませんでしたか?

限られた視界の向こうには無限の宇宙。見えない窓枠の外側は好奇心と冒険心と想像力をくすぐりませんでしたか?

スマホも同じだと思うんですよね。

6インチの動かせる天窓でくすぐられる好奇心

スマホの画面の向こうは無限のインターネットの世界が広がっています。

たった6インチ弱の小さな画面で、ぼくたちはその一部を切り取って覗きこんでいるわけです。

ただ本物の天窓なら窓枠は固定ですが、スマホだと指先を少し滑らせれば枠の外側やさらに奥が見られます。

そうして得られるのは「なんでも見られる」という全能感。しかし一度に見られるのはほんの少しの範囲だけ。

だからスマホは人の興味を離さないんです。もっと見たい。その先の見えないところ、もっと奥にはお宝があるはずだ。


そうしてぼくたちはスマホにのめり込んでいくんです。

気づけば10分、20分、30分・・・

スマホを見るのは息抜きになっていない

そんなスマホ時間、多くの人は息抜きだと考えていると思います。

しかしぼくはそれを真っ向から否定したい。

なぜなら、スマホを見ている時間でも頭や身体は酷使されているからです。

スマホを凝視していると異常に目が疲れる

スマホに表示される小さな文字や明るい画像を見ていると目が疲れます。

特に画面の揺れやすい歩きスマホや、夜の暗いベッドルームで見るスマホは最悪です。

賛否ありますが、ブルーライトカットのような話もありまして、スマホやPCのスクリーンって目が疲れやすいらしいです。

ブルーライトカットについて ブルーライトカット・PCメガネJINS SCREENの効果は?1日10時間画面を見るぼくがガチレビュー - NaeNote

スマホを眺めるだけでも脳は酷使されている

もっと言うと、単に目をあけているだけでも脳みそは疲れるもの。

Googleによると、人間は毎秒1100万ビットもの情報を受け取っているそうです。

脳はそれらの情報を常に処理(取捨選択)しています。自分が何を考えているかに関わらずそのプロセスは水面下で全自動で行われているのです。

(出典:夜散歩は思考を整理しアイデアをサルベージする。ブログネタに困ったらどうぞ - NaeNote

風呂やトイレで色々とアイデアが出てくることってありますよね。

それはインプットを遮断することで脳にストックされた情報が整理されてあふれ出すからだとぼくは思っています。

脳は常にインプット過多なので、スマホで情報をさらにインプットしているとさらに疲れてしまうのも納得ですよね。

スマホのだらだら見は「疲労」の回復には効かない

もちろん好きなものをスマホで見たり、好きなゲームをプレイするなどを通じ、心の感じる疲れである「疲労感」を回復できるかもしれません。

しかし上で述べたとおり、スマホを見ること自体が頭と身体に負担をかけています。

したがって、スマホを息抜きに見るのは、「疲労」の回復には役に立ちません。だって頭と身体は休息を取れていないんですから。

休息は心身の健康に欠かせないピース

そもそも、頭や身体の「疲労」がちゃんと回復できていないと心身の健康に支障をきたします。

ぼくは過去に過労で倒れて心療内科送りになった経験があります。そのとき担当医にいの一番に言われたのがまずは十分な休息をとってくださいでしたから。

過労で倒れると 過労で倒れた人がどんな状態か経験者が解説します。倒れたい人はなにがなんでも休むべき - NaeNote


特に頭(脳)の休息は心の健康や前向きな自分を作るためにとっては非常に重要。

脳外科医である築山節さんの著書「脳と気持ちの整理術」 でも前向きになりたければ、つべこべ言わず寝ろと書いてあります。

詳しいレビューはこちら 月曜を倒せ!休み明けの憂鬱をふき飛ばすオラオラ系ビジネス本5選 - NaeNote

スマホをだらだら見る時間を休息に回した結果

実は頭と身体に負担しかかけていないだらだらスマホ時間。

それを必要最低限まで削り、頭と身体の「疲労」を回復する休息に回したら?

ここ数日、試してみた結果を共有したいと思います。正直、効果抜群でした。

イライラしにくくなった

イライラすることが目に見えて減りました

厳密には、外部からの刺激やストレスへの耐性がアップしたように感じます。

たとえば何かが自分の思い通りにならなかったり、期待と現実にギャップがあったり、もしくは単純に外が寒くて雨が降っていたり。

そういった気が滅入るような出来事に対しても気持ちが重くなることが少なくなりました。

「しょうがないからこうしよう」と次のアクションに視点を移すだけの心の余裕ができたイメージです。

頭の回転が早くなった

頭の回転が早くなったことを実感しています

疲れているときのあの頭の後ろのだる重さがなくなっているのを感じます。脳に元気が巡っている感じ。

そして、休まった脳みそがクルクル回るのがわかります。文章を書いていても、人と話していても、次へ次へとアイデアやトピックが溢れ出てくる。

「深夜残業より早帰りの翌朝の方がはるかに生産的だ」「朝活はいいぞ」とよく言われていますよね。それは頭が十分に休息できた状態だからです。

朝だけでなく、だらだらスマホを見ていたスキマ時間でとった休息でさえ、頭の回転は戻るんです。

キビキビと動けるようになった

あまりくよくよ悩むことなく、キビキビと動けるようになりました

心に余裕がない、頭が疲れているときほど、必要以上にくよくよしてしまうもの。やらないといけない大事なことでも「めんどくせ」が出てきて、行動を起こすまでワンテンポ遅い。

時には他のことに手をつけ始めて大事なことは後回。そしてスマホに手を伸ばして・・・なんてことも。

しかし、だらだらスマホの時間を休息に回したら、「腰が重い」状態になることが激減しました。

思い立つ、やるやらないを判断する、行動に移す、という3ステップを処理するのにかかる時間が短くなり、「腰が重い」状態がなくなったんです。

身体が疲れにくくなった

身体も疲れにくくなりました

頭(心)と身体の疲れはリンクしているもの。頭が疲れていると身体もだるいし、逆も然り。

だらだらスマホで「疲れ」をためるのでなく、逆に休息にあてることで「疲れの回復」を目指してみた結果、頭だけでなく身体も疲れにくくなったと感じています。

もちろん休息の種類によって回復できる部分や度合いは変わりますが、少なくとも目の疲れはかなり軽減されましたよ。


メリットだらけで正直自分でも驚いています。休息の威力はすごい。

スマホをだらだら見る時間を休息に回した方法

それではスマホを見る時間を休息に回すため、ぼくが実践した方法をご紹介したいと思います。

ざっくり言うと、

  • スマホを見る時間を減らす
  • できたスキマ時間で休息を取る

です。実践できるコツのレベルまで深掘りしてお送りします。

ではどうぞ。

スマホを見る時間を減らす方法

スマホ(iPhone)をつい触ってしまう手

まずはスマホをだらだら見てしまう時間を削る方法です。

ざっくり言うと、スマホを見ることに対して

  • 目的を明確にする
  • 時間に制約を設ける
  • スマホ操作を効率化する

の3つを意識していきます。

スマホを見る目的を明確にする

だらだらと長時間スマホを見てしまうのは、「何かおもしろいものないかな」とあてもなくスマホを開いてしまうからです。

受け身で情報を浴びる側に立っている限り、だらだらスマホは止まりません。

スマホを開き、その先にあるアプリやWebサイトを見ることでほしい情報や得たいものとはなにかが明確でないままスマホを見ると、沼にハマります。

問いを具体的に設定する

あてもない情報の海に溺れて時間を奪われるのを避けたければ、自分は何を知りたいかという問いを明確にすることです。

得たいものがわからない。ゴールがわからないまま歩くのは、地図のない状態で山道を歩くのと同じ。疲れるだけ疲れて結局なにも得るものなしでフィニッシュになってしまいます。

自分が解決したい課題や答えるべき問いが具体的であればあるほど、答えにたどり着くまでの無駄は省かれ、要する時間は短くなります。

これは知的生産の求められる仕事にも通じることで、名著「イシューからはじめよ」でも説かれています。

ネットに答えはないことを知る

ただし覚えておきたいのは、ネットの世界に自分の求める答えがあるとは限らないこと。

そもそもこの世の情報すべてがネットにあるわけじゃありません。自分の悩みに対するピンポイントの答えがある可能性は非常にまれです。

特にライフハック系の話は非常に危うい。下記記事で詳しく書いていますが、自分にピッタリのライフハックを探そうとすると沼にハマります。最後は自分でちゃんと考えないと答えには行き着かないことがほとんどです。

詳しくはこちら 自分にピッタリのライフハックを見つけだすただひとつの方法 - NaeNote


明確な問いを持ちつつ、ネットにピンポイントな答えはないことを肝に銘じること。最後は自分で考えること。

これがスマホをだらだら見るのを止めるための根っことなる考え方です。

スマホを見る時間に制約を設ける

目的をもってスマホを開け、というお話をしました。

次に、「なんかおもしろいものないかな」系の暇つぶしだらだらや終わりのないやり取り系だらだらを避けるため、スマホを見る時間に制約をかけていきます。

こうすることで、限られたスマホ時間の中で優先的にやるべきことはなにかを自分自身に突き詰めさせます。

SNSを見る時間は5分以内

SNSでフォローしている人の投稿を全部チェックしていると、時間がいくらあっても足りません。

特にTwitterのようにタイムラインがリアルタイムで無限にリロードされるタイプのSNSは注意が必要で、いつまでも新しいツイートを追いかけなければならなくなります。

SNSを見る時間をたとえば5分までとしましょう。そうすると

  • 一番最初にチェックすべき人は誰か
  • 投稿へのコメントのとDMへの返信どっちが重要か
  • 「いいね!」を押して回る意味はあるのか

といった自分にとっての重要度という尺度が出てくるはずです。


もしどうしても体裁的に全部の投稿に「いいね!」をしなければいけない・・・と思っている人向けに「どうでもいいね!」ボタンというサービスがあったりしますので参考まで。

参考:Facebook上のいいね!をまとめて一括でクリックする「どうでもいいね!」 - GIGAZINE

LINEやメールは短文即レスすぐ閉じる

延々と続くLINEやメールのやりとり。

深夜までLINEのグループチャットに付きあわされて寝不足、なんてものが日常茶飯事の方もいると思います。

既読無視は印象が悪いし、相手とのやりとりの切れ目も気になりますよね。

ただ、LINEやメールの向こう側にいる人は今ヒマで話したいと思っているかもしれませんが、あなたにはあなたの事情があるはず。

それを無視して勝手にチャットを続け、あげくの果てにレスが遅いと怒るのはただの自分勝手です。


そんな人にオススメしたいのが、短文即レスすぐ閉じるです。

  • 「そうなんだ、でも今ちょっとタイミング悪いからまた後で連絡する」
  • 「どうしても今じゃないとダメなら電話して」

的な即レスをしてスマホを閉じ、電話がかかってこなければ放置。自分の都合のいいときにメッセージを送って話の続きをすればいいんです。

自分の時間を取り戻しましょう。

実際に時間を測ってみる

だらだらスマホの時間を制限するのは意識するだけではなかなか実行できません。

最初はできたとしても、ゆくゆくは「もうちょっとだけ」「あと5分」が何度も続いてしまうのがオチです。

そんなときは下記記事でも紹介されている通り、100均のキッチンタイマーやスマホのタイマーアプリで実際に時間を測ってみてください。

スマホを見てると5分って意外と短いものですよ。

参考:だらだらスマホがやめられる あの100均アイテム:日経ウーマンオンライン【1分でできる やめ方講座】

スマホ操作を効率化する

目的をもってネットを泳ぎ、人に引っぱられるだらだらを避けるというお話をしました。

次は、自分のスマホ操作(探す、見る、入力する)を徹底的に効率化することでスマホの利用時間短縮を図ります。

ホーム画面を整理する

スマホのホーム画面、ぐちゃぐちゃになっていませんか?使いたいアプリやショートカット、すぐ使えるところにありますか?

スマホで何かやるというのは、アプリを開いてからが本番のはず。アプリ自体を探す手間や時間はゼロに近いほどよいはずです。

そのため、限られたスマホ時間でも使いたいアプリをホーム画面に持ってくることで、アプリを探す時間を短縮しましょう。

人が何かを探すのにかけている時間は人生で150日という調査結果があります。モノを整理して探す時間を短縮するのは、スマホのみならず広く応用可能な習慣なので、スマホ整理を機に身につけてはいかがでしょうか。

情報を読むスピードを高める

スマホを使う時間の多くはSNSやWebサイトの閲覧で占められていると思います。

そこで意識したいのが、速読です。情報を読むスピードを早めることで、スマホの利用時間を圧縮します。

たとえばRSSフィードを高速処理する方法をこちらの記事で紹介しています。

関連記事 FeedlyとPocketを使って、1時間で800件のニュースに目を通す具体的な方法 - NaeNote

文字入力を高速化する

スマホで文字打ち、時間かかりますよね。

ミレニアル世代なスマホネイティブはキーボードよりスマホの方が入力が早いと言いますが、それでも指一本入力は正直遅いです。

単に入力と言っても、用途に応じて方法を切り替えたり、そもそも入力する文字数を減らればもっと高速化できるはず。

たとえば、

  • 単なるメモや検索は音声入力でやる
  • 意図が通じるレベルなら漢字変換の間違いは気にしない
  • なんならスタンプ一発で済ませる

みたいな「手抜き」は有効です。(実害のない範囲で!)

また、そもそも入力する文字を減らすという意味では、意図を端的にバシッと伝える短い言い回しを身につけるのも大事です。

端的な文章を書く方法 バシッと端的に伝わる文章とは?「わかりやすい文章を書く全技術100」のレビュー - NaeNote

もし枕ことばやクッション言葉、顔文字絵文字をちゃんと使いたいのであれば、辞書登録を活用しましょう。パソコンではやっていても、スマホでやっている人、意外と少ないんじゃないでしょうか。

  • 「おつ」→「お疲れさまです。XXです。」
  • 「よろ」→「よろしくお願いいたします。」


どうしても長文を打つ必要がある場合は、文字の入力効率の高い方法を身につけましょう。

たとえばフリック入力は必須ですし、状況が許せばBluetoothキーボードを使うのも手です。

ぼくは空いた時間にスマホとBluetoothキーボードでゴリゴリ文章を書いています。ちょっぱやですよ、この組み合わせ。

スマホで高速文字入力 スマホでブログを効率的かつ高速に書くために使っている厳選おすすめグッズ3選 - NaeNote

できたスキマ時間で休息をとる方法

目を閉じている女性

さて、ここまではだらだらスマホ時間をゴリッと削るというお話をしてきました。

ここからは、それで得られた細切れのスキマ時間でどう休息するかについてお話したいと思います。

と言っても、別に難しいテクニックは何もありません。

  • 目を閉じる
  • 座って身体の力を抜く
  • 身体を横たえる・寝る

それぞれ見ていきましょう。

目を閉じる

身体の中で常に疲れているのは、目です。眼精疲労で悩まされている人が多いのはその証拠。

ちょっとしたスキマ時間にスマホを見るのは、ただでさえ疲れている目をさらに追い込むことにほかなりません。

スキマ時間ができてスマホを見たくなったら、逆に目を閉じましょう。

目を閉じて、眼球が目の中でプカプカ浮いている感触を感じてみてください。目の周りがスッキリするはずです。

具体的な方法はこちらの記事で解説しています。立ちながらでもできるおすすめの方法ですよ。

15秒瞑想 目の疲れに効果的な「15秒瞑想」って?眼精疲労は素直に休ませる方がいい - NaeNote

座って身体の力を抜く

もし座っているのであれば、目を閉じるのに加えて身体の力を抜いてみてください。

座っていると身体は休まっているように思えますが、実はそうでもないんですよ。

だって座ったまま全身の力を抜くとバランスが崩れますよね。知らず知らず身体が自分を支えているんです。

なので、完全に脱力できる姿勢を探して、脱力してください。それだけで休まっていきます。

なんなら机に突っ伏すなり背もたれに身体を預けるなりして、10分だけでも寝てしまいましょう。

10分昼寝は最高 眠気覚ましや眠気対策をまとめて試したけど、一番効いたのは「10分昼寝」だった - NaeNote

身体を横たえる・寝る

最後に、もし今すぐ横になれるという幸せな人は、ぜひ横になってください。

身体を横たえて力を抜くだけでも、ものすごい勢いで回復します。でも寝スマホはダメですよ。

もし横になると眠ってしまうなら、それは身体にとって必要な睡眠であり休息なんです。

横たわっても上手に脱力できないという方は、こちらの記事で紹介した方法を試してみてください。lifehacker.jpにもピックアップされた入眠のコツです。

秘密の入眠方法 ストンと寝る入眠のコツとは?15年以上実践してきた秘密の入眠方法を公開 - NaeNote

寝る前のだらだらスマホは最悪の習慣なので即やめる

スマホで値落ちしている女性の写真

だらだらスマホを減らしてできたスキマ時間を休息にあてる具体的な方法をお話してきました。

しかし日中の細切れな時間だけ考えるのでは足りません。一番だらだらスマホを見てしまうのは、寝る直前です

あなたもあるはずですよ、眠くなるまでベッドの中でスマホをいじってしまうという経験。

でもこれ、ハフィントン・ポストの創業者、アリアナ・ハフィントンをしてスマホの充電器を寝室に持ち込んだ時点であなたは経営者失格と言わしめるくらいの悪習です。

夜こそちゃんと寝ないと頭も身体も休まりません。睡眠時間を削るのは将来の自分に負債をかけているのと同じ。

ぼくも寝る前のだらだらスマホをやめるべく、スマホの充電器をベッドから離れた場所に置くようにしています。

まとめ:だらだらスマホをやめて休息を取ろう

以上、スマホをだらだら見るかわりに休息をこまめに取るメリットと具体的な方法のご紹介でした。

  • だらだらスマホが息抜きにならない理由
  • スマホ時間を休息に回して得られたメリット
  • スマホを見る時間を削る方法
  • できたスキマ時間で休息をとる方法

スマホは便利なのでつい開いてだらだら見てしまうもの。気づいたら30分たっていたなんてことも。

しかし、あてもなくスマホを眺める習慣は、息抜きの顔をしながら頭や身体に負担となってのしかかります。

その時間を休息に回して、スッキリと前向きな気持ちでいれらる時間を増やしてみませんか?


本文中でご紹介したおすすめ書籍「脳と気持ちの整理術」はこちら。意欲を高め、前向きな自分を作るための必読書です。

広告を非表示にする