NaeNote はてな支部

コンサルNAEは静かに暮らしたかった

「参考にします」はビジネスの場では無意味。なのに使ってしまう理由とは?

このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 読み込み中・・・

女性 母親 子供 いいね! 芝生 アドバイス

こんにちは、無駄なことが大嫌いなNAEです。

突然ですが、成果につながらないビジネスコミュニケーションは無駄です

たとえは会議であれば、決定事項という成果そのものや、To Doという成果につながるアクションを決めることがルール化されていると思います。

ですがこれがマンツーマンの会話だったらどうでしょうか?成果や次のアクションうやむやなまま、会話を終えていませんか?

特に気をつけたいのが「参考にします」という、それっぽいけど実は意味がないマジックワード

今回は「参考にします」がなぜ悪いのか、なぜ使ってしまうのかについて、言われる側と言う側の両方の視点から考えてみたいと思います。

「参考にする」とは?

そもそも「参考」とはどのような意味なのでしょうか。定義を確認してみます。

さん‐こう〔‐カウ〕【参考】

[名](スル)何かをしようとするときに、他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること。また、そのための材料。「研究の上で参考になる」「内外の判例を参考する」

(出典:参考(サンコウ)とは - コトバンク

一言でいえば「自分の考えの足しにする」という意味だそうです。

つまり、必ずしも何かのアウトプットへのインプットとして利用するわけではないと暗に言っているわけですね。

なんと便利な言葉でしょう。

ビジネスにおける「参考にします」は悪しき慣用句

しかし、冒頭に書いたとおり有意義なビジネスコミュニケーションは成果につながってしかるべき。

物事を決める、進める、次につなげる、品質向上に貢献する・・・

こういった意味のある成果に貢献せず、結論がふんわりとうやむやな会話は、正直言って無駄です。


会議でたとえるなら、全員が好き放題言って「なるほど」顔をしているけど、結局なにも合意されていないようなもの。

「参考にします」という言葉は何かが合意されたように聞こえるので、会話が締めとしてとても便利です。

しかし実はなにも決まっていないし、明確な合意もされていない。ただ単に会話を終わらせるだけのクッション言葉でしかないんです。

「参考にします」と言われるとツッコみたくなる

そのため、ビジネスの場で会話の相手が「参考にします」と口にするたび

どう参考にするの?

次のアクションは?

とツッコミを入れたくなってしまいます。(相手がクライアントであれ上司であれ・・・)

特に部下に「これは絶対に反映しないとあとでヤバい」というタイプの指示めいたアドバイスをした返しに

「参考にさせていただきます」

が来たら、おいおいちょっと待てと言いたくなってしまいます。

業務上の指示に対して「参考にします」はNG

特に業務上の指示に対して「参考にします」とふんわり返すのはNGでしょう。

アドバイスと指示は違います。アドバイスは採用するかが受け側にゆだねられます。

しかし指示は命令ですので、やるかやらないかしかありません。

指示に納得がいけばやる。いかないなら、やるべきでない根拠と代案とともに、指示した人にディスカッションをふっかけるべき。


「これ、こうやってね」

『はい、参考にします』

なんてやりとりは、ありえないんです。

「参考にします」を使うシチュエーションとは?

と言いながら、ビジネスの場で「参考にします」を使うシチュエーションがないわけではありません。

具体例を2つ、お話します。

価値のない会話をいち早く終わらせる

ひとつが、価値のない会話をいち早く終わらせる場合です。

たとえば、どう考えても本質的でない助言や、内容がトンチンカンで聞くだけ毒になるクソバイスを受けたとしましょう。

そんなときはにこやかに「参考になります!ありがとうございます!」と言い放ち、さっさと会話を終わらせるのが得策です。

直接的・間接的、または短期的・長期的になんの成果にもつながらない会話は、ビジネスコミュニケーションの観点では無駄でしかありません。

無駄な会話はすぐに抹殺しましょう。


ちなみに信頼関係(人間関係)を維持するための雑談は必要です。

強固な信頼は長期的、間接的にビジネスパフォーマンスの土台を形作ります。抹殺すべきではありません。

人間関係の緩衝材として使う

もうひとつが、人間関係の緩衝材として使う場合です。

たとえば、いつもお世話になっていて恩すら感じている重要なステークホルダーから、根も葉もないクソバイスが飛び出てしまったとしましょう。

意味のないことはわかっている。しかし角の立つ言葉で反論し、ロジックでボコボコにしたら人間関係が崩れてしまう。

そんなときは一通り話を聞いたあと、元気よく「なるほど!参考にさせていただきます!」と言ってあげればよいでしょう。

きっと相手は自分の言っていることを聞いてくれた事実に満足してくれると思います。


ちなみに、もしその人が「どこにボクの意見が反映されてるの?」と気にするタイプだったら?

残念ながら、無駄を承知でその人を納得させるためだけのアウトプットを作るしかありません。

たとえばその人の意見を組み込んだパワーポイントを別に1枚準備しておく、ですとか。

その人以外の誰にも読まれない哀しい資料になることうけあいですが、その人との信頼関係維持のために必要なことだったと割り切るしかありません。

「参考にします」という言葉は英語にあるのか?

原則としてビジネスコミュニケーションで使うべきでない「参考にします」という言葉。

ものごとを曖昧でうやむやに保ち、真綿に包むことで和を保つ、という日本語の美徳がよく表れていますよね。

では逆に、ガシガシ議論することが当たり前の英語では「参考にします」と同じ言葉はあるのでしょうか。


英辞朗オンラインで「参考にする」を調べてみると、「実際どういうアクションをとるのか」に近い意味の言い回しが出てきます。

たとえば、

アドバイスを参考にする ⇒ draw on advice

とありますが、「draw on」の意味を引いてみると

draw on ~ ⇒ 手段として利用する(そのまま適用する)

という意味。つまり「アドバイスの内容をそのまま実施する」ということになります。


どうやら「参考にする」のふんわり感は日本語独特のもののようです。

「参考にする」は、意味の厳密さに欠けながらも「阿吽の呼吸」や「空気感」で通じてしまう日本語の特性を代表するような言葉なのでしょう。

まとめ:何に対してどう参考にしたかは明示しよう

以上、ビジネスコミュニケーションにおける「参考にします」の意味についてお話しました。

まとめると、アドバイスに対して「参考にします」と言われたときは

  • 聞き側がなにも考えていない
  • 言う側が本質を外している
  • 単に気を遣われているだけ

ということになります。

アドバイスする側もされる側も、有意義なコミュニケーションを心がけたいものですね。


指示やアドバイスを的確かつ役立つものにする方法を紹介しています。

www.naenote.net

www.naenote.net

www.naenote.net

広告を非表示にする