読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンサルNAEの整理ノート はてな支部

コンサルNAEは静かに暮らしたかった

ラーメンの代わりにおすすめ!野菜がたくさん食べられるラーメン風メニュー3選

このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 読み込み中・・・

またラーメン食べちゃった

こんにちは、NAEです。

ああ、また食べてしまった

食べるたびにそう思ってしまうのがラーメンというもの。

健康を気づかうなら栄養バランスの偏りがちなラーメンとは距離と取るのが得策。

でも折にふれてどうしてもまた食べたくなる。そうして無限地獄に堕ちていく・・・

そんなラーメン欲を満たしつつ、野菜もたくさん食べられる代替メニュー3つをご紹介します!

今回はそんなお話。

どうしても食べたくなる、ラーメンの不思議な魅力

日本のラーメンは世界一!

ラーメンデータベースラーメンウォーカーに代表されるラーメン系メディアが人気を集めるなど、ラーメンは広くかつ深くファンを獲得しています。

手軽さと悪魔的な魅力を兼ね備え、多くの人の脳内に定着しているラーメン。そして街を歩けばラーメンにあたると言ってよいほどラーメンに囲まれている日本人。

結果、ことあるごとに

そうだ ラーメン、食べよう

と思ってしまう人は多いのではないでしょうか。


ぼくも実はそのひとり。ちょっと疲れたりイラつくことがあるとラーメンに飛びついてしまいます。

特に辛い系のラーメンには目がないものでして、

蒙古タンメン中本の麻婆タンメンとか

蒙古タンメン中本の麻婆タンメン


香氣 四川麺条の紅黒胡麻担々麺とか

香気の紅黒胡麻担々麺

もう気がついたら店に吸い込まれてしまっていますよね。

あーやばい、書いてたらラーメン食べたくなってきた・・・

ラーメンは野菜が少なくて栄養バランスが偏っている

しかしラーメンと切っても切り離せないのが栄養バランスです。

  • 塩分が多い!
  • 炭水化物!
  • 肉とアブラばかりだ!
  • 野菜が少ない!

ああ、耳が痛い・・・

塩分、炭水化物、肉とアブラはなんとかなる

わかっていても食べてしまうのがラーメンという存在。とはいえ健康にも気を使いたい。

そのため涙ぐましい努力をしながらなんとかラーメンを食べ続けている人もいるのではないでしょうか。

たとえば

塩分はスープを飲まないことで対応・・・

炭水化物問題は麺少なめにすればなんとか・・・

肉やアブラは

  • チャーシュー盛りをやめる
  • 家系・二郎系を避ける
  • 指定できるならアブラ少なめにする

などなど・・・

二郎系ラーメンともなるとカロリーがメガ級だったりしますしね。

参考:ラーメン二郎のカロリーは小で1.5メガカロリー、大は2.3メガカロリー - NaeNote

野菜少ない問題は残る

しかし野菜が少ないという点はどうしようもありません。

だって少ないんだから増やすしかないじゃないですか。

数少ない手段が

  • 「野菜多め」をお願いする
  • トッピングでもやし、ネギ、ホウレンソウなどを追加する

ですが、すべてのラーメン店がそれに対応できるわけではありません。

悩ましいですねえ。諦めるしかないんですかね。

野菜がたくさん食べられる!ラーメンの代わりに選びたいメニュー

でも冷静に考えると、ラーメン欲ってラーメンでしか満たせないものなんでしたっけ?

ラーメン欲を満たしつつ野菜もたくさん食べられる。そんなメニューがありますので、ご紹介したいと思います。

タンメン

みそ一発のみそ肉タンメン野菜多め

ひとつ目が、タンメンです。

茹でた麺にモヤシ、ニラ、にんじん、キャベツ、キクラゲ、タマネギ、豚肉等を炒めて塩味に調製した鶏がらを主とするスープを加える麺料理

(出典:タンメン - Wikipedia

見た目もラーメンっぽいですし、原材料的には炒め野菜を盛ったラーメンと変わりません。そのためラーメン欲を満たすにはうってつけ。


ラーメンとの違いは、タンメンにはデフォルトで野菜がたくさん盛られているという点です。

たとえば上に載せた写真を撮ったみそ一発というタンメン専門店では、何も言わずとも野菜がたっぷり400g盛られてきます。無料でできる「野菜多め」を頼めば500gまで増量可能。

ちなみに写真は一番人気の「肉みそタンメン」の野菜多めです。お値段900円。

野菜がたくさん食べられますね!

ミーバッソ

六本木MIE BAKSOのミーバッソ

ふたつ目はミーバッソ。インドネシアの屋台料理です。

フォーと違って麺が米ベースでなく小麦粉ベースなので、食感はまさにラーメンです。

ちなみに「ミー」は麺、「バッソ」は肉団子という意味。そのままだと肉団子麺という意味なので野菜は少ないと思われるかもしれません。

しかしタイやベトナム、インドネシアなど東南アジア諸国料理の特徴である「野菜の多さ」はミーバッソにも当てはまります。


上の写真を撮影したのは、六本木にあるミーバッソの専門店MIE BAKSO

ランチが950円と少しお高めですが、肉団子系のトッピングが2つついてきますし、なにより野菜が盛り放題なんです。

水菜、もやし、辛味ネギからなんとパクチーまで。好きな野菜を好きなだけどうぞ。

野菜がたくさん食べられますね!

ちゃんぽん

長崎ちゃんぽんリンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん

最後に紹介したいのが、ちゃんぽんです。長崎ちゃんぽん。

ラーメンのような出で立ちですが、タンメンと同じくほぼ必ず野菜がのっかってきます

ちゃんぽんというと長崎ちゃんぽんを思い出すと思いますが、実は「近江ちゃんぽん」という別勢力がいたりもします。

参考:『近江ちゃんぽん』vs『長崎ちゃんぽん』!あなたはどちら派?


ちなみに上の写真は長崎ちゃんぽんリンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽんです。

野菜の分量、実に480g。玉ねぎ、キャベツ、もやしなどいろいろ入ってます。つけあわせの柚子胡椒ドレッシングをかけると実においしく仕上がりますよ。ちなみにお値段はふつうサイズで770円。

野菜がたくさん食べられますね!

ラーメン屋が全部ちゃんぽん屋に置き変わったら

ときどき妄想するんです。

もし日本全国のラーメン屋がちゃんぽん屋に置き換わったら、日本人の野菜摂取量は増加し、健康状態が改善するのではないか?

もちろんラーメン好きの一人としては、一食ずつでなく一日単位で栄養バランスが取れるならラーメンのように野菜のきわめて少ない食事があってもいいじゃんと思います。

その一方、実は人ってあまり考えずに食べるものを選んでいると思うんですよね。

脊椎反応的ふらっと入った店で、気分にあわせて考えなしに注文するのが普通だと思います。

そんな「デフォルト」な料理やメニューが、野菜たっぷりのものだったとしたら?

「デフォルト」についてのベストプラクティス

UIデザインの世界にGood Defaultsという概念があります。

何かを選んでもらうとき、初期設定(デフォルト)で選択されているものは多くのユーザにとって良い選択となるのものにしておくべき、という発想です。

この背景にあるのが、説明をちゃんと読み明確な意図をもって選択を変える人がいる一方、何も読まず考えずとりあえず「次へ」を押す人が多いという事実。

そんな人にとっても無意識に「良い」選択をしてもらうのがサービス提供者のベストプラクティスであり倫理ですよねと。


たとえば楽天で買い物するとデフォルトで「この店や楽天からのDMを受け取る」にチェックがついていますよね。

それは楽天がDMを受け取ることがユーザにとって良い選択だと考えているからです。(個人的には迷惑だからやめてほしいんですけど)

このあたりの倫理系の話はグロースハック、キュレーション、SEOといった昨今話題になっているトピックとも非常に密に関連しています。

参考:グロースハックにおける倫理や誠実さの重要性 - NaeNote

「野菜たっぷり」がデフォルトになると嬉しい

この考え方をラーメン屋に応用して、無意識に野菜がたくさん食べられるラーメン環境ができたらいいのになあ、なんて。

別にラーメン屋が倫理に欠けるとか、ラーメン絶滅しろって言っているわけではないんですよ。ぼくもラーメン大好きですからね。

ただ自分自身が気が抜けて判断が鈍っている状態でも「デフォルトで」野菜がたくさん食べられるようになってくれたら嬉しいなあと。

まとめ:野菜をたくさん食べましょう!

というわけで、ラーメンを食べたくなったらタンメン、ミーバッソ、ちゃんぽんを選んでみてはどうですか?というお話でした。

野菜、たくさん食べましょうね。ラーメンばかり食べたくなる気持ちは痛いほどわかりますが、野菜のことも思い出してくださいね。

その意味でリンガーハットはもっと広まってほしいと思います。

関連記事

スポンサーリンク